大阪市立住まいのミュージアム 大阪くらしの今昔館 〒530-0041 大阪市北区天神橋6丁目4-20 TEL 06-6242-1170

大阪市立住まいの今昔館 ご意見ご回答 リンク集

企画展示

これからの企画これまでの企画

重岡良子 花鳥画展 刻を紡ぐ
写生から装飾 そして琳派を生きる

令和3年4月17日(土)~6月13日(日)

大阪くらしの今昔館では現代日本画家の個展「重岡良子 花鳥画展 刻を紡ぐ」を開催します。日本の絵画は住まいの中で、座敷における「しつらい」として親しまれてきました。中でも四季の彩りを表す花鳥画は古くから愛好され、現代においても人気のある画題のひとつです。重岡良子氏は自然の中に身を置いて花や鳥などの動植物を写生し、その心を50年にわたって描き表してきました。また、京都で培われた「琳派」に着想を得て「IMA琳派」として装飾性を持たせた作品も発表されています。今回は屏風を中心に代表的な作品を披露します。
春から初夏にかけて草木が青々とするこの時期に、日本画のもつ繊細かつ優美な色彩の織り成す世界をご堪能ください。

開館時間:10時~17時(入館は16時30分まで)
閉館日 :火曜日 (ただし祝日を除く)
会  場:大阪市立住まいのミュージアム(大阪くらしの今昔館)企画展示室
      〒530-0041 大阪市北区天神橋6丁目4-20 住まい情報センタービル8階

入 館 料: 企画展のみ300円
       常設展+企画展 一般800円(団体700円)
            高・大生500円(団体400円)(要学生証提示)
*団体は20名以上 *周遊パス・年間パスポートでも入場可。
*中学生以下、障がい者手帳等持参者(介護者1名含)、
大阪市内在住の65歳以上の方は無料(要証明書提示)。
交  通:地下鉄堺筋線・谷町線、阪急電鉄「天神橋筋六丁目」駅3番出口から直結
JR大阪環状線「天満」駅から北へ650m
主  催:大阪市立住まいのミュージアム(大阪くらしの今昔館)


重岡良子氏 略歴
1953 京都に生まれる
1977 京都市立芸術大学大学展にて日本画今井賞・買上げ賞受賞 (卒業制作作品)
    京都府日本画新人展大賞受賞(京都府買上)
    京都市立芸術大学日本画専攻科修了
1978 京都府日本画選抜展出品(京都府買上)
    日展初入選
1981 京都府新人展受賞作家展出品(京都府買上)
1984 京都市美術選抜展出品(以降89年出品)
    日春展奨励賞受賞
1985 山種美術館賞出品
1987 日春展日春賞受賞
    女流画家展出品(以降毎年出品)
    京展市長賞受賞
    日展特選受賞
1989 京都新聞日本画賞展出品(以降'90、'91、'93、'95、'97年出品)
    京都画壇日本画秀作展出品(以降90年出品)
    日春展出品(外務省買上)
    京都迎賓館広間 掛け軸『青むぎ』
2009 中宮寺 散華制作
2013 回顧展-IMA琳派から- 重岡良子展 (京都文化博物館)
2016 個展 -IMA琳派-重岡良子展 (大阪・名古屋・東京)
2017 個展 ~桜咲くさく~ 重岡良子展(京都国際交流会館別館)
2018 個展 ~町屋で遊ぶ~ 重岡良子展(アートスペース余花庵)
2018.09.11 ~華の雫~重岡良子展 (京都文化博物館)
2019.11.20~2020.12 ~刻の雫(ときのしずく)~重岡良子展 (名古屋・大阪・東京・京都)





<講演会>
「重岡良子花鳥画展 関連講演会」

●日時: 2021年4月19日(月) 13:30~14:30(開場13:00)
●講師: 重岡良子氏
●会場: 大阪市立住まい情報センター 5階研修室
●定員: 25名(定員を超えた場合は抽選)
●参加費: 無料(ただし企画展のチケットが必要)


<ワークショップ>
本ワークショップは申し込みを締め切りました。
なお、当日受付はございません、予めご了承ください。


「重岡良子花鳥画展 関連ワークショップ」

●日時: 2021年5月29日(土) 13:30~16:30
●講師: 重岡良子氏
●会場: 大阪市立住まい情報センター 5階研修室
●定員: 18名(定員を超えた場合は抽選)
●参加費: 3,000円(材料費を含む)
●その他: 制作に必要な材料、用具は用意します。

喜雨滴る

あお麦風々

桜東風

朝露涼夏

ランプシェード

[ ↑このページの先頭へ ]