大阪市立住まいのミュージアム 大阪くらしの今昔館 〒530-0041 大阪市北区天神橋6丁目4-20 TEL 06-6242-1170

大阪市立住まいの今昔館 日本語 English 韓国 繁体中国 簡体中国 ご意見ご回答 リンク集

企画展示

これからの企画これまでの企画

大阪市中央公会堂開館100周年記念  特 別 展
「大大阪モダニズム ― 片岡安の仕事と都市の文化―」

平成30年7月21日(土)~9月2日(日)

大正14年(1925)、大阪市は市域拡張によって面積・人口ともに東京市を抜き日本第一の都市となり、当時世界第6位の大都市「大大阪」が誕生しました。御堂筋の建設や公営地下鉄の開通、築港整備などが進み、また大阪市中央公会堂、大阪商科大学(現大阪市立大学)、大阪城天守閣、大阪市立美術館などの教育文化施設が誕生しました。次々と都市計画が実現する中、機能性を重視した「モダニズム建築」が現れ、大衆文化にもアールデコ風の新しいデザインが取り入れられます。
今年は、大阪市中央公会堂が開館して100年の節目の年になります。そこで、大大阪時代の幕明けを告げるこの名建築の実施設計を手掛け、大阪の都市計画を指導した建築家・都市計画家の片岡 安の仕事を通して、大大阪時代の建築群と都市景観を展望します。また大大阪時代の都市美を描いた絵画を紹介し、大大阪モダニズムとも呼べるこの時代の美術・文化を再評価します。
本展覧会は、片岡安が初代校長を務めた常翔学園(その前身である関西工學専修學校)の常翔歴史館と、大阪の建築文化の専門博物館でもある大阪市立住まいのミュージアム(大阪くらしの今昔館)の主催により開催します。

開館時間 10:00-17:00(入館は16:30まで)
会期中の休館日:毎週火曜日、  7月24日(火)は開館
◆会 場  大阪くらしの今昔館 企画展示室
      住所 大阪市北区天神橋6-4-20
電話 06-6242-1170  FAX 06-6354-8601
◆主 催  常翔学園常翔歴史館+住まいのミュージアム大阪くらしの今昔館
◆入館料  300円(特別展のみ)
常設展+特別展 800円 (団体700円)  高校・大学生500円(団体400円)




1、講演会「映画『大大阪観光』を読み解く~都市観光・モダニズム・政策プロモーション~」
講師:橋爪節也氏(大阪大学教授) 
日時:8 月19 日(日)13:30~15:30(受付13:00 より) 
定員:150 名(申込先着順) 
会場:住まい情報センター 3階ホール
※このイベントは満席のため申し込みを締め切りました。



2、学芸員による展示解説( 約 30分) 
日時:8月4日(土)14:00、19日(日)16:00 
会場:8階企画展示室にて(事前申込不要、入館料のみで参加できます)



3、大阪ぶら歩き第7 回「大大阪モダニズムを体感する」 
日時:8月29日(水)9:00~12:00 
定員:30名(7/21 より申込先着順) 
参加費:1500 円 
※このイベントは満席のため申し込みを締め切りました。



4、公開シンポジウム「『大大阪』イマジュリィの世界」 
日時:7月29日(日)13:00~16:00 
定員:150名(申込先着順) 
会場:住まい情報センター 3階ホール
主催:大正イマジュリィ学会・住まいのミュージアム大阪くらしの今昔館
※このイベントは終了しました。



8階、インフォメーションにて特別展「大大阪モダニズム」図録を販売しております。
1冊1000円です。ぜひお買い求めください。

①「大阪市公会堂新築設計図 透視図」(岡田信一郎案)大阪市蔵

②小出楢重《市街風景(街景)》個人蔵

③川瀬巴水《大阪道頓堀の朝》大阪市新美術館準備室蔵

④「大阪の三越」個人蔵

チラシ

この特別展は、「大阪検定協力事業」です。

展覧会図録 1冊1000円

[ ↑このページの先頭へ ]